性病(性感染症)の種類や一般的な男女別の症状と潜伏期間など、また、自宅でできる検査キットの紹介。

HPV (ヒトパピローマウィルス)

あらゆる性交渉で感染、女性は特に気をつけたい性病

HPVはごく一般的なウィルスで、7~8割の女性が一生のうち一度は感染するといわれています。
HPVには子宮頸がんを引き起こすものから、尖圭コンジローマ、首周りなどにできる小さなイボなど数え切れない程の型があります。
HPV=イボを形成させてしまうウィルスだということです。
(子宮頸がん→無数のイボが腫瘍となり癌化)

HPVに感染すると

性器や肛門周辺にニワトリのトサカ(カリフラワー状)、もしくは乳頭のようなイボができます。

大切なのは早期発見と早期治療

子宮頸がんは、性行為の経験がある女性なら誰もがなる可能性がありますが、きちんと定期的に検査を受け、感染していても初期病変のうちに治療してしまえば、妊娠も出産も可能で、少しも恐れる必要のない『癌』です。

症状

うすピンク色または茶色のニワトリのトサカ状(カリフラワー状)か乳頭状(おわんを伏せた形)のイボができます。
軽い痛みやかゆみがある場合もありますが、自覚症状はほとんどありません。

潜伏期間

発症まで3週間~8ヵ月間

検査材料

女性:膣内擦過物(膣内を擦った物)

HPV検査キット

金額はメーカーサイトにて再度ご確認ください。

検査項目 備 考
GME
HPV検査キット(女性用)
HPV女性
1種類 6170円
詳細ページ
STDチェッカー
タイプI(女性用)
HPV女性
1種類 7290円
詳細ページ
STDチェッカー
タイプT(女性用)
カンジダ, HPV, HIV, 梅毒, B型肝炎, C型肝炎, クラミジア(のど), 淋菌(のど), トリコモナス, クラミジア, 淋病女性
12種類 21600円
詳細ページ