性病(性感染症)の種類や一般的な男女別の症状と潜伏期間など、また、自宅でできる検査キットの紹介。

性交渉後に塗布する。HIV感染防止ジェル(米国)

米国の科学者らが2014.03.12に発表。

【3月13日 AFP】性交渉の後に膣内に塗布する、後天性免疫不全症候群(AIDS、エイズ)を引き起こすウイルスへの感染防止を目的としたジェルが、サル実験で期待の持てる結果を示している。米国の科学者らが12日、発表した。
ジェルを開発しているのは米疾病対策センター(Centers for Disease Control and Prevention、CDC)の科学者ら。このジェルには米医薬品大手メルク(Merck)製の「ラルテグラビル(raltegravir)」が含まれている。ラルテグラビルは、血中のヒト免疫不全ウイルス(HIV)の量を減らす効果があるという。

引用元:ソース

日本人患者・感染者の現状は、男性同性愛による感染が多く、ついで異性間性行為による感染が続いている。
母子感染も少し確認されているようです。