性病(性感染症)の種類や一般的な男女別の症状と潜伏期間など、また、自宅でできる検査キットの紹介。

感染に気づきにくいクラミジア

国内ではもっとも感染者数が多いクラミジア

日本におけるクラミジア感染者数は100万人以上といわれています。
女性では80%、男性では50%の人が感染症状があらわれないので、知らないうちにパートナーに感染していることがあります。

クラミジアは、あらゆる性行為によって感染し拡大します。

セックス・アナルセックス・オーラルセックスなど、あらゆる性行為により感染する為、感染に気づきにくいクラミジアは感染しやすい性病といえます。
風俗遊びや複数の人と自由な性生活をエンジョイしている人は危険です。

ほっておくと大変なことになるクラミジア

特に女性の場合、クラミジアをそのままほっておくと、不妊症や子宮外妊娠の原因となります。
妊婦検診において正常妊婦の3〜5%にクラミジア保有者がみられるようです。
また、男性の場合は、前立腺炎や 血精液症になることもあります。

クラミジアの感染経路

性行為で感染します。
プールや大衆浴場など、 性行為以外の場で感染することはないようです。

男性の主な症状

男性が主に感染するところは尿道です。

  • 尿道からの分泌物(うみ)
  • 軽い排尿痛
  • 尿道のかゆみや不快感
  • 精巣上体の腫れ
  • 軽い発熱や痛み

女性の主な症状

女性の場合は、子宮頸管へ感染し子宮頸管炎をおこします。
その後、腹腔内に進入し、骨盤内で様々な症状が出ます。

  • 尿道からの分泌物(うみ)
  • 軽い排尿痛
  • 尿道のかゆみや不快感
  • 精巣上体の腫れ
  • 軽い発熱や痛み

口腔内のクラミジア感染

フェラチオ・オーラルセックスなどにより咽頭(のど)のクラミジア感染が増加しています。
のどの腫れ・痛み・発熱と症状は風邪に似ていますが、心当たりがあるときは検査をおすすめします。

クラミジア検査キット