性病(性感染症)の種類や一般的な男女別の症状と潜伏期間など、また、自宅でできる検査キットの紹介。

若者の間で広まる梅毒

国立感染症研究所によると、3年で梅毒の感染患者が約2倍に増加しているそうです。

梅毒といえば、漫画原作のテレビドラマJINで、梅毒の末期症状になってる花魁を助けるためにペニシリンを作っていたシーンを思い出します。
治療薬ペニシリンが発見されるまでは、不治の病として恐れられていましたが、今は早期治療すれば完治します。

近年の梅毒感染増加では、アナルセックスでの感染が特に多いと言われているようです。
男性同士の性交渉が広まっていることに原因があると見られていますが、梅毒に感染し病変部分があると、HIVなどにも感染しやすくなりますので注意が必要です。

梅毒に感染すると次のような症状が「3週間後」、「3ヵ月後」、「3年後」 と変わっていきます。

第一期(放置しておくと2~3週間で消る。)
小豆から人差し指の先位までの大きさで、軟骨の硬さ程度のしこりができます。
痛みはないが、太ももの付け根の部分がはれる。
※放置しておくと2~3週間で消る。

第二期(3ヵ月から3年続き、自然に消える。)
体の中心線にあたる部分を中心に顔や手足に、ピンク色の円形のあざができる。
赤茶色の盛り上がったブツブツができる
脱毛症状

第三期(感染し3年以上)
大きめのしこりが皮下組織にできる。
(結節性梅毒疹やゴム腫などといわれます。)

第四期(末期)
心臓、血管、神経、目などに重い障害が出る。

梅毒検査キット