性病(性感染症)の種類や一般的な男女別の症状と潜伏期間など、また、自宅でできる検査キットの紹介。

オーラルセックスによる性病感染

オーラルセックス(口腔性交)とは、フェラチオなどのように口や舌を使って相手の性器を刺激する行為です。
淋病クラミジア梅毒、ヘルペスなど、のど)に感染する性病もあり、性器から口に感染した場合は無症状のことが多く、感染している自覚がないため、別の性交渉相手にうつしてしまいます。

淋菌クラミジアの場合、通常のキス程度であれば感染しにくいようですが、ヘルペスの場合は感染する可能性が高くなります。

オーラルセックス(口腔性交)で性病に感染しないためには、コンドームを使用することや、のどに違和感がある場合、オーラルセックスを含めた性行為を差し控え早めに検査をおこなうことです。

喉(のど)の性病 説明・症状

厚生労働省 オーラルセックス(口腔性交)による性感染症に関するQ&A