性病(性感染症)の種類や一般的な男女別の症状と潜伏期間など、また、自宅でできる検査キットの紹介。

前年比2倍、梅毒感染者が急増

梅毒に感染する人が近年、急増している。特に女性は、2015年では前年の2倍に増加している。
※2014年にも増加していると報告あり

※2017年には5,770人(2018年1月現在)増加傾向が続いています。

ちょうどTBSのドラマ「JIN」をちょうど見直してたところ、花魁の梅毒治療の為、青かびからペニシリンを制作し治療する回。梅毒といえば昔の病というイメージだが近年増加しているようだ。
女性の場合、妊娠と時期が重なれば、赤ちゃんに感染して先天的な梅毒になる恐れもあるらしく注意が必要。

経済的な事情などで妊婦健診を一度も受けない女性もいるようで、厚労省は「感染リスクを知ってもらうことが最大の予防策」としている。

感染後からの期間で症状が変化します。
第1期(感染後3か月まで)
第2期(感染後3か月~3年まで)
第3期(感染後3年から10年まで)
第4期(感染後10年以上)

梅毒は、梅毒トレポネーマという細菌による感染症です。
早期の症状として、3週間ほどの潜伏期を経て、感染部位である陰部や口などにしこりができます。
さらに、約3ヶ月後には菌が全身へ運ばれ、皮膚にさまざまな発疹がみられるようになります。
発疹は出てきたり消えたりを繰り返しますが、発疹が消えているなどの無症状の期間があるので治ったように錯覚してしまうことが恐ろしいのです。
放置し晩期へ移行していくと、動脈瘤ができて破裂し、命にかかわる場合もあります
なぜ梅毒が近年増加しているのかは、まだはっきり原因が分かっていないようですが、予防はほかの性病と同じで、不特定多数との性交渉を避けることと、コンドームを使用すること

 

梅毒検査は、ランセットといわれる採血器具を使用し、指先から血液を採取しおこないます。
郵送検査であれば匿名でも検査できるので安心です。

梅毒の症状と検査方法