性病(性感染症)の種類や一般的な男女別の症状と潜伏期間など、また、自宅でできる検査キットの紹介。

ブライダルチェック-女性と赤ちゃんを守る性病検査。

ブライダルチェックとは、結婚が決まっている人や、予定のある人が結婚前に受ける健康診断です。
性病(性感染症/STD)の中には、生まれてくる赤ちゃんに影響を及ぼす可能性がある種類もあります。
症状がなくても結婚・妊娠前に検査をおすすめします。

特に結婚後、すぐに赤ちゃんがほしいと思っている方や「そもそも私はちゃんと赤ちゃんができる体なの?」と心配な方は、検査を受けたり産婦人科に受診しましょう。
ブライダルチェックで、ある程度妊娠しにくい体質等も分かりますので、妊娠の支障となる病気を早期に発見し、早期に治療していくことが大切です。

エイズや肝炎、ヒトT細胞白血病ウィルスが陽性の場合は産道感染、母体感染で赤ちゃんに感染する可能性もがあり、クラミジアによる卵管炎は、不妊症や子宮外妊娠、流産の原因になることもあると言われています。
また、分娩中の産道感染で、赤ちゃんの結膜炎や肺炎の原因になることがあります。