性病(性感染症)の種類や一般的な男女別の症状と潜伏期間など、また、自宅でできる検査キットの紹介。

性病検査の費用

病院・保健所・検査キットの費用比較

費用はそれぞれ違いますが、高い安いだけではなく、検査できる項目何時できるのか?保険証は必要か?など総合的に判断して行動してください。

病院で受ける場合の費用。

病院の場合、女性は産婦人科、男性は泌尿器科で対応してもらえます。
病院で性病検査の受けた場合の費用は「初診料2700円+診察費用+検査費用(+薬代)」
保険が適用されるかどうかによって大きく変わってきますが、費用が2,000~4,000円程度
自己負担は全額負担、保険適用の場合は3割負担です。
性病検査の価格は、検査項目の種類、項目数により数千円~3万円程度の費用がかかります。

病院の利点

  • 病院の信頼性。

病院で受けたくない理由

  • 他人に合いたくない。
  • 忙しくて行く暇が無い。

保健所で受ける場合の費用。

性病検査の費用が最も安い保健所では、無料で受けることができます。
全国の保健所あるいは自治体の施設で性病の検査が行われています。
これらの検査は原則無料となっており、自分の名前を告げる必要がなく匿名で受けることができます。
但し、保健所の検査はHIV等、社会的影響のある病気を中心としているため、検査項目が少ないようです。
さらに、検査自体は、週に1回や2週間に1回といったように、毎日おこなわれていません
保健所で受ける場合、あらかじめ近くの保健所へ問い合わせしてから行動してください

保健所の利点

  • 匿名で受けられる。
  • 無料で受けられる。

保健所の確認事項

  • 希望する性病の検査が受けられるか確認が必要。
  • いつ検査が受けられるか(何曜日、第何週とか)確認が必要。

性病検査キットを使って自分で行う場合の費用。

費用は、検査キットの料金だけです。検査代金などは別途必要ありません。
金額は検査項目(判別できる病気の種類)の多さによって異なりますが、価格は病院で行う検査よりも安くなっていますので、 症状がなく検査だけしたいという場合は安くなります

性病検査キットの利点

  • 匿名で検査が受けられる。
  • 保険証不要。
  • 検査結果は、郵送・インターネット等を選択し結果を知ることができる。
  • 誰にも合うことがなく調べられる。

確認事項

オフィシャルサイトで信頼性を確認しましょう。粗悪なものが流通しているとの話もあります(実績のあるものを選びましょう)

当サイトがお勧めする、実績・信頼のあるメーカー